がごめねばりん昆布(北海道産)

TVやメディアでも話題の脅威の粘り!北海道産がごめ昆布
がごめ昆布は、真昆布と同じ北海道・南茅部地域に育つ、表面のが「かごめ」の形に似ていることが名前の由来の、とろみの強い昆布です。栄養も豊富で特に特筆すべきアルギン酸・フコイダン・グルタミン・ミネラル・カリウム・鉄分・カルシウムは、昆布の中でもトップレベルの栄養価といわれています。




昆布の王様と評される北海道道南産「天然がごめ昆布」。この「がごめ昆布」が持つ強烈な粘り=フコイダンが、体にはもちろん美容にも効果ありという発見から、今では希少とも言われる昆布となったのです。

この昆布の名前「がごめ」とは、昆布の表面が「かごの目」に似た突起模様から名がついたと言われています。
ヌメリ成分は、主にアルギン酸カリウムやラミナラン、フコイダンといった成分です。


がごめ昆布」には、ヨウ素が多く含まれているため、適度に(1日2g程度)を摂取することにより、新陳代謝を促し、むくみ予防になります。


また、余分な皮下脂肪や血中コレステロールを減らす働きもあります。さらに、皮膚に潤いや張りを与え、肌を美しく保つのに役立つと言われています。

健康志向の高まりにより、年々需要が増えていましたが、TVに取り上げられ希少品になりました。