【タマチャン栄養話】
これからの「菌活」の新定番!? 体内環境を整える《シンバイオティクス》とは。

文:松尾(編集スタッフ)

近頃、「腸活」や「菌活」がよく話題になっていますね。

 

昨年から続く「乳酸菌ブーム」や「もち麦ブーム」も、まだまだ衰え知らず。 “体の中から健康を改善していこう”という動きは、ますます盛り上がりをみせているようです。

 

さて、「腸活」「菌活」といえば、ヨーグルトを食べたり、食物繊維を摂取したりしますよね。実はこの行動、それぞれ『プロバイオティクス』『プレバイオティクス』と呼ばれているのをご存知でしょうか? さらに最近は、その2つをあわせて《 シンバイオティクス 》と呼ぶんだとか……

 

なんだか横文字でちょっととっつきにくいですが、実はとってもカンタンな「食」の健康法なんです! 自分自身の菌を元気にするためにも、ぜひチェックしてくださいね。

 

 

良い菌を届ける、「プロバイオティクス」とは。

まず、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」など、おなかに良い菌を摂取することを『プロバイオティクス』と言います。

ヨーグルトのCMなどで「乳酸菌が生きたまま届く」と聞いたことはないでしょうか? 乳酸菌が豊富なヨーグルトやキムチなどの発酵食品を食べるのも、『プロバイオティクス』の一つ。

実は納豆菌も良い菌の一種なので、納豆を食べていた日本人は、昔から自然にプロバイオティクスに取り組んでいたということになりますね。

 

 

良い菌を育てる!「プレバイオティクス」。

そして、その良い菌のエサとなったり、働きをサポートするもの(または、それを摂取すること)を、『プレバイオティクス』と言います。「食物繊維」や「オリゴ糖」などがその代表です。

良い菌自体を摂取する『プロバイオティクス』に対して、『プレバイオティクス』は、おなかの中の良い菌にエサを与えて、しっかり元気に育てていこう! というもの。自分自身の菌を増やして、体内環境を良くしていくことが目的です。

 

 

良い菌を届ける&育てる《 シンバイオティクス 》!

『プロバイオティクス』と『プレバイオティクス』。

それぞれどちらも体内環境をよくする方法ですが、せっかくならバラバラではなく、一緒に取り組む方が良いですよね。

 

この2つを同時に行うことは《 シンバイオティクス 》と呼ばれ、最近、世間でもジワジワと認知度が上がってきています。

聞き慣れない言葉なのでちょっと難しく感じるかもしれませんが、たとえば、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べたり、納豆と一緒に食物繊維いっぱいの根菜スープを飲んだり……それも立派な《シンバイオティクス》です! 野菜とヨーグルトのスムージーも良いですね♪

おなかに良い菌を届けたら、サポート素材を与えながら育てて、体内環境をもっともっと良くしていきましょう!

 

 

タマチャンショップおすすめ! シンバイオティクス商品

実は、タマチャンショップの商品でも、簡単に《シンバイオティクス》にチャレンジできちゃいます!

 

まず、乳酸菌ドリンク「ちょーぐると」は、8種類の乳酸菌に加え、食物繊維やオリゴ糖も配合しているので、まさに理想的な《シンバイオティクス》商品です。

ちょーぐると」は、粉末をそのままなめても良いですし、お水に溶かすと、ほんのり甘いヨーグルト風味の美味しいドリンクになります。たった1杯飲むだけで良いので、気軽に取り組むことができますね。

 

 

もし、「毎日お気に入りのヨーグルトを食べている」という方には、「八百屋ファイバー」がおすすめ!

八百屋ファイバー」は、30種もの自然素材からつくった食物繊維パウダー。お水に溶かして飲んだり、お料理に使うこともできます。

 

ヨーグルトにかけても味を邪魔しないので、ヨーグルトで乳酸菌を摂取する時は、ぜひ「八百屋ファイバー」で食物繊維をプラスしてみてくださいね。

 

 

***

 

 

食の栄養の力で、体の内側から健康になる。

タマチャンショップでも以前からお伝えしてきましたが、まさに、「カラダは、食べたものからしかつくられない」! というわけですね。

 

皆様も是非《シンバイオティクス》に取り組んで、体の内側から、よりキレイ&元気になってくださいね♪

松尾(編集スタッフ)
松尾(編集スタッフ)
映画とPerfumeが趣味の30歳。最近ダイエット目的に運動をはじめて、毎日筋肉痛です。