かぼちゃと
タンパクオトメのスコーン

Hadamanma の「食べる美容レシピ」連載でもおなじみ、野菜ソムリエプロ・フードコーディネーターの古金陽子さん監修。美肌づくりに欠かせない「タンパク質」を効率よく補給できる、植物性プロテイン入りのスコーンをご紹介します。

発酵いらず、混ぜて焼くだけのスコーンは、手軽にできてボリュームもたっぷりの嬉しい一品。ベースにプロテインを使うことで、タンパク質補給を叶えます。

さらに、具材も栄養いっぱいに。
かぼちゃには肌の健康を保つビタミンB群や、コラーゲンの生成を促すビタミンCも豊富。栄養たっぷりのスコーンをぜひ作ってみませんか?




材料 (4切分)

※( )内は摂れる栄養素
A
|薄力粉 150g
|全粒粉 50g
|ベーキングパウダー 大さじ1弱
タンパクオトメ やさいプロテイン100 大さじ2(植物性タンパク質)

かぼちゃ 140〜15g(βカロチン・ビタミンB群、C)
クリームチーズ 50g(ビタミンB2、セレン)
豆乳 80ml
塩 小さじ1/2
無塩バター 25g
オリーブオイル 25ml


作り方

〈下準備〉
かぼちゃは7mm角にカットし、電子レンジ600wで1分半加熱。粗熱が取れるまで放置する

1)Aを合わせて粗めのざるで1回ふるい※、塩とよく冷えたバターを入れ、指でつぶしながら粉と混ぜ合わせ、細かなそぼろ状にする

2)1の真ん中をくぼませ、オリーブオイルと豆乳を入れ、スケッパーなどで切るように混ぜる

3)2にかぼちゃと1cm角に切ったクリームチーズを混ぜる

4)生地をまとめ、20×10cmの長方形に整え、ラップして冷蔵庫で20分寝かせる

5)4を4等分にカットする

6)200度で18〜20分焼く

ざくざくと美味しいスコーン

※工程1では、スコーン独特のざっくりした食感を出すため粗めのざるを使用します。ざるに残った全粒粉はそのまま加えてください。こねすぎるとグルテンが出て食感が悪くなるのでご注意ください





レシピ:古金陽子(野菜ソムリエプロ・グラフィックデザイナー)


「食卓が暮らしをデザインする」との考えを元に、広告の仕事をしながら、家庭料理を研究するフードコーディネーター。「作りこみすぎない美味しいご飯」がコンセプト。地域野菜のPRなどを手がけるとともに、季節の野菜やレシピを紹介する二児の母。



●今回のレシピに使用した商品


タンパクオトメ 野菜プロテイン100

食品屋さんの美容プロテインシリーズに、植物性100%のやさいプロテインが登場。大豆をはじめ、えんどう豆やブロッコリーなどの野菜素材をもとに、ベジタリアンの方にも嬉しい植物性プロテインをつくりました。